無料で手に入る日本語“基本”書体まとめ


npcaでのデザイン講義の資料として製作したものですが、せっかくなので記事として公開してみます。

日本語フリーフォントというと、ポップだったり、ホラーだったり、とにかく変わったデザインのフォントばかり注目されますが、デザインにほんとうに重要なのは、ゴシック体や明朝体など、何の変哲もない普通の文字、いわゆる基本書体であると思っています。

基本書体というものは、可読性を考慮しなければならないため、文字デザインのレベルにおいても非常に高い水準を要求されます。OSに標準で付属する基本書体のフォント、ことWindowsの基本書体は選択肢が非常に少なく、かつ、本格的にデザインをしようと思ったらとてもではないが使えたものではない、というようなフォントしかありません。

初心者がデザインを始めようとする際の大きな障壁がここにあるのですが、近年は無料で手に入る基本書体もちらほら出てきました。これらの書体を製作することの労力を考えると、無料公開されている方々には感謝してもしきれないほどなのですが、基本書体というものの地味さゆえか、なかには公に広く知られてないものも多く存在します。そこであらためて、無料で入手可能な基本書体についてまとめておこうというのがこの記事の趣旨です。

収録にあたっては、収録文字数、文字デザインなどの観点から、筆者が実用に堪えると判断したものを掲載しています。非常に独断的な基準ですので、ここに掲載されていないものに関しても、筆者が認知していないものも含めて、すばらしい基本書体のフォントというものも存在するかと思いますので、あまり強くアテにしないでください;;

あと、以下の文章はデザインをするとき向けに書いてるので、一般的な仕様には見合わない記述も多いかと思いますが、まあ気にしないでください。

Continue reading '無料で手に入る日本語“基本”書体まとめ'»

フリーフォントで美しいGaramondのタイプフェイスを。“EB Garamond” #LOVEFONT

EyeCatch

当記事は #LOVEFONT Advent Calendar 2013 22日目の記事です。

私が愛用するフリーフォント、EB Garamondについて解説します。

Garamondとは?

フォント/レタリングにはすでに2000年以上の歴史があります。Garamondはそんな書体の歴史に大きな名を刻む、偉大な書体でした。

Garamondとは、16世紀から17世紀にかけて制作された活字書体の名前です。現在よく知られているGaramondのタイプフェイスは、Claude Garamontが制作した書体をもとにJean Jannonが独自に制作したものであると言われています。

Garamond

これはLinotypeのGaramond 3です。

現在では、この活字を元に様々なベンダによりフォントがデザインされ、Garamondは欧文書体でも五本の指に入る(主観)有名な書体となっています。

Garamondの魅力

Garamondの魅力を一言で言い表すのはとても難しいのですが、あえて言うのならば、書体から漂う落ち着いたシックな雰囲気、長年に渡り磨かれ洗練されたデザイン、そして長い文章に適した可読性の高さなどでしょうか。

なにより、カッコいいです。すごく。

あと、本文組を主な目的として制作された書体なので、斜体・太字・オールドスタイル数字・拡張ラテン文字・スモールキャプスなど、多くのフォントで多数のグリフを収容するのが特徴です。

EB Garamondとは?

そんな有名書体Garamondですが、手に入れるのは案外大変です。

Microsoft OfficeにはMonotype社のGaramondが付属しますが、Windows単体ではインストールされません。MacにはApple Garamondがインストールされていますが、これはオリジナルのGaramondの横幅を縮めるなどApple社独自のデザインが大きく取り入れられているので、本来のGaramondとは大きく意味合いが異なります。

EB GaramondはそんなGaramondをフリーで使えるようにしたものです。

EB Garamond

EB Garamond

 

上がEB Garamondです。オリジナルのGaramondのデザインに忠実に、洗練されたデザインが心をくすぶらせます。

EB Garamondは(作者曰く)開発途上でありながら必要な文字はほとんど揃っており、実用にはほとんど問題がありません。そしてなにより、このフォントはSIL OFL(SIL Open Font License)で提供されており、フリーで使用することができます。無料でダウンロードできるのはもちろんのこと、使用、改変、再配布も自由にでき、商用利用に関してもほとんど制限はありません(転売は不可)。

ダウンロードはこちらから。

EB Garamondの特徴など

Garamondの比較

Garamondの比較。上から、Garamond Premier, Adome Garamond, Garamond 3, EB Garamond

紹介して終わりというのも物足りないので、EB Garamondの特徴についていくらか語っておきます。

EB Garamondのアウトライン

EB Garamondのアウトライン

EB Garamondはアウトラインがすべてなめらかな曲線で結ばれており、尖った部分が存在しません。これは(おそらく)活字を転写した時に生じる若干のインクの滲みを再現したものと思われますが、この特徴により、他のGaramondにない、非常に柔らかい印象を受けます。

EB Garamondの軸(axis)

EB Garamondの軸(axis)

また、セリフ系フォントをデザインする際に意識される軸の方向は、垂直方向からかなり左に傾いた形でデザインされています。これはオールドスタイルのデザインに多く見られる特徴で、これにより、若干古風なイメージが時から伝わってきます。

Webフォントとしての利用

EB Garamondは再配布も許可されているので、Webフォントとしても自由に利用することができます。

Google FontsEB Garamondが提供されているので、簡単に導入することができます。当サイトでも、早速使ってみました。

The quick brown fox jumps over the lazy dog.

(もちろん日本での普及率は低いですが)既存コンテンツが次々とWebフォントに置き換えられている昨今、こうしてGaramondがWebフォントとして使えるのは重要なことだと思います。

結論

このように、EB Garamondには細部までこだわった設計がなされており、有料で販売されているほかのGaramond系フォントと比較しても全く遜色ない美しいデザインとなっています。僕自身も、他のGaramondを使える環境にはありますが、あえてEB Garamondをデザインに使用するというような場面も少なくなく、非常に重宝させてもらっています。本当にフリーで提供されているのがもったいないほどの上質なフォントですので、みなさんも一度ダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか。

明日はredpandaさんの記事です。お楽しみに。

夢日記 2013/12/03


こんな夢を見た。

長い夏休みの途中、のび太は自由研究のアサガオの観察をやっていた。しかしノートに記されていたのは植物の観察というにはとてもずさんな記録。見かねたドラえもんは、観察したものの本質を見ぬくことができる道具「イージーパーサー」をのび太に貸した。「イージーパーサー」を使ったのび太は、アサガオの成長の過程を見て、克明な観察記録を作ることができた。

この道具を面白いと思ったのび太は、「イージーパーサー」をしばらく貸してもらうようにドラえもんに頼む。世界の仕組みを知るのにいい機会だと思ったドラえもんは、これを快く受諾する。

「イージーパーサー」を使用したのび太は、ドラえもんの思惑通り世界の仕組みを正しく知ると同時に、自分の今までの行為がどう間違っていたかを知る。自分の行為がどのように作用し、どのような結果をもたらすのかを克明に知ることができた。のび太は自分の生活を反省し、自分の行為を1つずつ変えていこうと決意する。

それからののび太の生活は一変した。誰に言われなくても勉強をするようになった。ママも小言を言わなくなった。ドラえもんは人が変わってしまったのび太に心配して声をかけるが、のび太は「自分が本当にやりたいことを見つけた」と言って、ドラえもんを納得させた。

とにかく、すべてがうまく行った。ジャイアンたちとの諍いはなくなり、むしろ誰から見ても良好な友人関係を築くことができた。そしてしずかちゃんに告白した。しずかちゃんは驚いたが熟慮のすえにこれを受け入れた。それから二人は甘い蜜月のようなひとときを過ごした。デートに出かけるときののび太の顔は、いつも清々しい笑顔であった。のび太の生活は、誰よりも幸せであるかのように見えた…。

夏休み最後の日、夕暮れの自室でのび太はドラえもんに独白する。「僕、学校に行きたくない。」

驚くドラえもん。今の生活に満足してしまい、変わることを恐れているのだと感じたドラえもんは、のび太を叱責する。しかし、のび太はこう独白する。

ドラえもん、今では君が、シリコンの塊に見える。原子の三角形が、綺麗に並んでいる、あれだ。そしてシリコンが形成する部品の架橋構造が見えてくる。それから部品の集合が形成する「機能」が見えてきて、そこから「顔」や「手」などの部品が抽出されていって……そしてようやく、君を認識することができる。今じゃ、世界じゅうがこんな調子だ。認識するより先に、世界を構成する構造のほうが見えてしまう。これじゃ、まるで、無機質な原子の海にひとり投げ出されたようだ。とにかく、気が狂いそうだ。こんな生活やめてしまいたい。

ドラえもんは呆然とした。のび太が夏休みじゅう使い続けた「イージーパーサー」は、すでにのび太の精神を蝕んでいたのだ。そして、見かねたドラえもんは・・・・・・

後編に続く。

Continue reading '夢日記 2013/12/03'»

2013年度駒場祭参加報告


駒場祭本番・打ち上げともに恙なく終了しました。がっつり疲れてますがこの鳥頭がまた何か忘れる前に報告を書いておきます。

Sec. 1

僕の個人的な感想を言いますと、駒場祭全体は概ね楽しかったです。僕は別にハレに呑まれること自体を否定する思想を持っていません。「非日常」という単語はあまり好きではありませんが、ルーチンを脱出し人生に飽きないようにするため、及び他の日常で得られない貴重な身体経験のために、祭りというイベントは大切にするべきものだと思っています。

Sec. 2

東大生としての僕の駒場祭への参加は、サークルTSGとクラスの模擬店のふたつとなりました。

TSGでの展示制作がいい言い訳になったので、模擬店への参加はそれほど大きくありません。頼まれたTシャツのデザインと最低限の当日のシフト入り程度です。そのぶんの負担を負わせることとなった同クラの皆さんには申し訳なく思っています。

とにかく、模擬店ではあまりいい思い出はありません。特に二日目、睡眠不足と闘いながらひたすらサーターアンダギーの固い生地をこねる作業は寿命を削りました。その後の店の呼び込みで声も嗄れました。なんというか、非生産的です。寡黙族は喉に負担をかけずに大声を出す方法を知らないのです。

Sec. 3

ただし、今回は五月祭のとき以上には、模擬店の存在に意義を見出すことが出来ました。僕のクラスのサーターアンダギーがかなり生産的な価格設定だったせいもあります。

Continue reading '2013年度駒場祭参加報告'»

PCを組んだ


PC全景

半年かけてパーツを集めたPCがようやく完成しました。

Continue reading 'PCを組んだ'»

UT2013mergeリストを作成しました


Twitterで自分用にUT2013mergeという名前のリストを作成しました。

このリストはUT2013を示すものと考えられる以下のリストを単純にマージしたものです。

リストを使用させていただいた皆様、ありがとうございます。

Ringbinder theme by Themocracy